Blog

年末年始のご案内

on 2016-11-29 with 0 comments

2016年も残すところあとわずかになりました。
皆様方には、格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

なお、年末年始の営業は下記の通りとなります。
甚だ勝手ではございますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

                      
                 記
2016年12月31日(土)〜2017年1月5日(木)まで、お休みとさせて頂きます。

12月30日(金)18:00 営業終了
12月31日(土)休業
01月01日(日)休業
01月02日(月)休業
01月03日(火)休業
01月04日(水)休業
01月05日(木)休業
01月06日(金)より通常営業となります。

皆様の御来店、心よりお待ち致し、素敵な年末年始をお過ごし下さいませ。

Filed under Uncategorized.

マダガスカル(キリンディ森林保護区)

on 2016-06-24 with 0 comments

今日はキリンディ森林保護区へシファカ探しに。

モロンダバから車で舗装されていないガッタガタ道を3時間程…。
これが想像以上にガッタガタ。

車酔しやすいのですごく心配でしたが、ここまでガタガタだと酔わないもんですね(笑)

途中の集落のマーケット的な感じの所ですマーケット2マーケット1

キリンディ森林保護区の入口キリンディ1

本当はここにあるロッジに泊まって夜行性のフォッサなんかを見たり出来たら良かったのですがね。
今回はおとなしくお昼だけで。
ガイドさんに「ここってロッジありますよね?」と聞いた所「あまりきれいではないからよくないです」とバッサリ。
私達の泊まっているホテルからすれば良くないのかもしれないですが、ちょっと観たかったんですよね、どんな感じのところか。

今回の旅行は全体的に何の不便も無いようにお願いして組んでもらったツアーなので
食べるものも泊まるところも移動も言葉も全く困ることなく、むしろ物価の安さのおかげかかなり母(アラセブン)と娘(アラフォー)でのんびりいい旅が出来ました。
ガイドさんも多分「年配二人だから…。」思っていろいろ配慮してくれてたんだろうと思います。
が、今更ながら湧き上がるイマイチ足りない冒険感。
でも私がお願いしたんです「母が疲れないような感じのプランにしたい」と。
でも…。
まぁ、またマダガスカルにいける様に頑張ればいいんですよね、
次に来ることがあったらもっといろいろ挑戦したいなぁ…なんてね。

では森のなかを進みましょう。
野生のシファカを探して森をさまようこと1時間。
ミミズク途中ミミズクがいたりしながら…
おっきいトカゲとか特大ヤスデ(? だったと思います。イマイチ虫に詳しくないので)にであったりしながら…

きゃ〜シファカちゃん♪IMGP2445 (500x333)脚が長い!白くてモフモフ〜!
木の上で生活しているせいか、キツネザル(マダガスカルにいる原種のサル)って汚れてなっくって驚きの白さ!
野生なのにこんなに綺麗なのがふしぎ〜。

こっち覗いてる?!IMGP2465 (500x333)

IMGP2480 (500x333)

キツネザルはジャンプが得意で木と木の間をジャンプして移動します。シファカジャンプ

シファカジャンプ2

シファカジャンプ3

シファカジャンプ4

ランチは保護区の入口にあるレストランで。
チキンが野性味あふれるしっかりした味で日本の鶏肉より断然美味しいかも。マスタードソースもとっても美味しい〜。レストラン1

レストラン2

レストラン3

Filed under Notebook.

マダガスカル(モロンダバ・夕日と朝日のバオバブ並木)

on 2016-06-23 with 0 comments

楽しみにしていた夕日のバオバブ。
期待以上に素晴らしい〜本当に美しい〜!

IMGP2234 (500x333)
もうすぐ沈んじゃいますよー。

で太陽が沈んでしまったら、周りの観光客の人が帰っちゃう?!
え?!え?!え?!
ダメダメダメ!!
今からが綺麗なのに!
結局残ってるのは、私と母、欧米人観光客数人の合わせて10人位?
みんな帰っちゃた〜!
もったいない〜!

では、太陽が隠れてからがこちらです。IMGP2290 (500x333)

IMGP2307 (500x333)すごい綺麗…。
空が青から深い群青にかわっていって、美しすぎてため息出ます。

IMGP2309 (500x333)星空と一緒に観たかったけど、なんとこの日は満月。
ついてないです。あんまり見えず…。
今まで旅行する時に月齢なんて気にしてなかったけど、次からは場所によって月齢も気にして計画せねば…。

夕日と日没のバオバブも綺麗でしたが、私のお気に入りは朝日の中のバオバブ。
これは是非是非行っていただきたい!

5時くらいに迎えにきてもらってバオバブ並木に向かいました。
着いた時ばまだ真っ暗。
しかし寒い。めちゃくちゃ寒いです。
薄手のニットとフーディニでは賄えない寒さ。
旅行前日に荷物のなかのフリースを悩みに悩んで家においてきた事を激しく後悔…。

「寒〜」を連呼していると徐々に明けてきましたよ夜明け前ここはまだ日没の時と同じような雰囲気。

ここからが違います。

空がピンク!夜明け

夜明け

朝日

Filed under Notebook.

マダガスカル(モロンダバ・バオバブ並木)

on 2016-06-22 with 0 comments

ついに今回の旅行の一番の目的地、バオバブ並木へ!!!

モロンダバから車で30~40分
最初は舗装されてましたがすぐに土の道になって、ややガタガタ道を走っていくと…IMGP2072 (500x333)あ!IMGP2073 (500x333)もしかして?IMGP2074 (500x333)ですよね?
ですよねー!!

並木道が先かと思えその前に双子バオバブが登場!双子バオバブおっきい!し、空が青いなっ!!

そこからちょっと進むと…。
ついに!ついに!

バオバブの並木道に到着!並木20年位前にとある人のおウチでここの写真を見て、今自分そこに来るなんてその時の自分は考えもしなかった!
感動!感動です!!

いや待てよ、20年前に写真を見たとき、多分私は「ここに行ってみたい」なんて思ってなかったなぁ。
「大きい木やなぁ〜すごいなぁ〜」くらいにしか思ってなかったなぁ…。
若い頃は自然にあまり興味がなかったなぁ…。
…年取ったなぁ…私…。最近旅行と言えば大自然系ばっかり求めてしまうよ…(笑)

IMGP2548 (500x333)

5月は乾季なので基本、葉っぱ無しのバオバブと枯れ草って感じですが、
水たまり?池?の周りは青々とした感じでこっちもいい感じ♪IMGP2125 (500x333)

ちょっとだけ葉っぱ残ってる?IMGP2338 (500x333)

こちらは「愛し合うバオバブ」愛し合うバオバブ

バオバブには実がなりますバオバブの実

バオバブの実表面はベルベットみたいで、不思議な手触り。

これはバオバブの花。枯れて落ちちゃったやつです。IMGP2536 (500x333)

お土産

IMGP2607 (500x333)

カメレオン

IMGP2332 (500x333)

Filed under Notebook.

マダガスカル(モロンダバ・パリサンドルコットウエストホテル)

on 2016-06-19 with 0 comments

モロンダバ

モロンダバで泊まったのは「パリサンドラ・コット・ウエスト・リゾート&スパ」というホテル。
ここには2泊したのですが、ここのホテル本当に良かったです♪
ご飯も美味しく、雰囲気も最高で、スタッフの方は皆さんあたたかくおもてなししてくれます。
モロンダバに行かれる際には是非!

おお!バオバブがお出迎え!フロント

冬といえどもお昼間は暑い!!プールもあったし水着も一応持って来てたけど、プールの水でお腹壊す恐れがあるのプールサイドのカウチでダラっと過ごしたりしました。
プール

IMGP2045 (500x333)

IMGP2041 (500x333)

IMGP2043 (500x333)

目の前には砂浜は広がっていてピローグが進んでいくのを見たりピローグ

水平線に沈む夕日を見たり夕日と本当にのんびり過ごせました。

ホテルで食べたご飯がどれもこれも美味し過ぎる♪
元々そんなに量が食べれないのでいつも完食できないのが残念でならなかったです。
2日間で食べたご飯の一部です。IMGP2063 (500x281) (2)IMGP2064 (500x266)スープゼブソテークレームブリュレ

近くのホテルにいたホウシャガメホウシャガメツナ
今回は野生の亀には出会わなかったですが、ここで見れてラッキー♪

Filed under Uncategorized.

マダガスカル(モロンダバ・ベタニア漁村)

on 2016-06-18 with 0 comments

アンタナナリボからモロンダバまで国内線で移動です。
遅延&欠航が当たり前のマダガスカル航空。
去年もマダガスカル航空のおかげでマダガスカルまで到達出来なかったので、全く信用してなかったんですがね、、
無事飛んでくれました。
7時40分発のはずが7時10分に…。
チェックインしてから空港のカフェで朝食を食べて、搭乗時間の7時00分になったからそろそろゲートにいこうかと思ったら、
どうやら私達が一番最後だったらしく、乗り込んだらすぐにバタンっで扉が閉まり…え?なんか動いてる?ってか飛んだ?
チェックインした人が全員乗ったら時間なんて関係なんですね…。そのほうが時間の無駄ないですもんね…。そうですよね…。何か待たせてごめんなさい…。

何はともあれ飛んでくれたならいいのですよ。
よかったよかった。

マダガスカルの内陸部は乾燥地帯のようで全く木が無いです。
飛行機から1木が全く無いのは「乾燥地帯だから木がない」のか「森林伐採で木がなくなった」のか母親と二人無知な者同士で話をしているあいだに…

きゃー!!バオバブ!!飛行機からってか、思ったより沢山生えてる?!ってか思ったより生え過ぎ?!
後で見に行くからね!待っててね!

水田も沢山ありますよ。飛行機から基本米食のマダガスカル。お米の消費量は日本人の3倍だそうです。

アンタナナリボから乗ってきた飛行機はこちらのプロペラ機モロンダバ全然揺れずに快適♪デニッシュとコーヒーの機内サービスもありました。

ピローグで海を渡ってウェズ族の村のベタニア漁村ヘ。ベタニア1

ベタニア2

ベタニアの子供とりあえず砂浜が広い、ひたすら砂浜、永遠に砂浜。砂浜

波が強いので漁はあまりしていませんでた。IMGP1990 (500x333)
ところで、ここ、モザンビーク海峡なんです。
モザンビーク海峡。そう言えば地理で習ったなぁ…。まさか来る時が来るとは思わなかった。

IMGP1991 (500x333)

IMGP1992 (500x333)

IMGP1993 (500x333)

IMGP1997 (500x333)
空青いですねぇ…。IMGP2032 (500x333)

IMGP2031 (500x333)IMGP2020 (500x333)

IMGP2017 (500x333)

IMGP2015 (500x333)

IMGP2011 (500x333)

IMGP2010 (500x333)

IMGP2008 (500x333)

IMGP2006 (500x333)

IMGP2004 (500x333)

Filed under Notebook.

マダガスカル(アンタナナリボ・ルカンガブティックホテル)

on 2016-06-17 with 0 comments

一旦首都アンタナナリボまで戻ってきました。

マダガスカルの人口のほとんどが首都に集中しているらしく、中心地は小高い丘に住宅密集って感じです。
アンタナナリボ

丘の上の一番見晴らしのいい所からIMGP1861 (500x333)

アンタナナリボ

タクシーはレトロで可愛いけど…。タクシー

首都でも下町の方はこんな感じで、マダガスカル自体、貧困な国のひとつですが、その中でも貧富の差は激しそう…タナ
洗濯も川で…タナ

マダガスカル中洗濯のほし方は基本こんな感じ…(もちろん裕福なおウチは違うのでしょうが)タナ 

タナ

地方のお広いおウチはお庭に広々と…お洗濯

この日泊まったホテルはアンタナナリボの丘の上にある「ルカンガ ブティック ホテル」

ルカンガ 

内装がすごく素敵で
ルカンガ 1

ルカンガ 2

ルカンガ 3

ルカンガテラス

テラスから見える夕日も素敵ルカンガ 夕日

IMGP1901 (500x333)

IMGP1902 (500x333)

南半球にあるマダガスカルは秋から冬に向かっているわけですが、
お昼は暖かく朝晩かなり冷え込みます。
特にアンタナナリボは標高が高いので気温は低めです。
ダイニングには暖炉がありましたルカンガ 4が、流石に暖炉はやりすぎな気もします。
暑い…暑すぎる。ご飯どころではないよ…。
薄手のニット着てたけど、脱ぎました。それでも暑い…。

Filed under Uncategorized.

マダガスカル(カメレオンパーク)

on 2016-06-17 with 0 comments

この投稿はカメレオンばっかりなので、爬虫類が嫌いな方はスルーでお願いします。

カメレオンパークに行く前にランチを。
レストラン壁がピンクの可愛いレストラン。ケーキは80円位かな?IMGP1675 (500x333)

マダガスカルで良く見かけたお料理スープシノワーズスープシノワーズアッサリしたお味のラーメンって感じで、美味しいです。

ゼブ牛のステーキゼブステーキしっかりした感じのお肉でこれもすごく美味しいです。
マダガスカルで食べたものはどれも美味しくて、日本人の口に合う感じです。
ごはんが合わないと旅行ってつらいですもんね〜。
その点マダガスカルは心配ございません、ただしお腹さえ壊さなければ(笑)

では、本題のカメレオンパークへ。
カメレオン自体は森とかそのへんでそれなりに見かけますが、場所によって見れる子も限られるので、てっとり早くここで珍しい子達をコンプリート。カメレオンパーク日本の動物園みたいに洒落た展示とかは期待してはいけません(笑)
ただただ小屋の中に沢山のカメレオンがいて、その小屋に入ってカメレオンとたわむれる方式です。
が、
もうそれって最高に楽しい!!!
動物に対するストレスで考えると日本の動物園では絶対に無理なことなので(人多すぎ…)
動物触りたい族の私にはたまらんパーク♪

ではまず、数あるカメレオンちゃんの中で私が一番気に入ったエレファントカメレオンエレファントカメレオン1派手すぎないパステル調のカラーがオシャレな感じ?ちょっと恐竜感があるところもいい感じ。
手も可愛い〜。エレファントカメレオン2

IMGP1809 (500x282)

IMGP1823 (500x282)

IMGP1832 (500x281)

IMGP1700 (500x281)

IMGP1762 (500x281)

IMGP1770 (500x282)

IMGP1771 (500x281)

IMGP1776 (500x282)

IMGP1787 (500x281)

この子はカメレオンではなくヤモリ。しかも巨大。30cm位はあったかと…。IMGP1808 (500x333)私の腕に乗せたあとそそくさと逃げ帰る所です。

カエルとかもちょこっといます。カエル

トマトカエルはマダガスカルだけなのかな?わからないけど珍しい子みたいです。トマトガエル

特大蛾。これは嫌…。IMGP1820 (500x333)

Filed under Notebook.

マダガスカル(ペリネ・レミュールアイランド)

on 2016-06-17 with 0 comments

そのあと向かったのは「レミュールアイランド」

ここは人工的に作った島にキツネザルが放し飼いにされていて、
キツネザルは泳げないのでこの島からは逃げれないって感じみたいです。
野生のキツネザルは触ったり餌付けしたりはできないのですが、ここではふれあい放題!IMGP1582 (500x333)

なのでこんな事になれます(笑)IMGP1615 (500x333)勝手にいっぱい乗ってきます。流石に重い…。
人生でこんなにキツネザルにのられる事なんて最初で最後かと…。堪能しました。
クロシロエリマキキツネザル

IMGP1613 (500x333)

IMGP1656 (500x333)

IMGP1654 (500x333)

IMGP1653 (500x333)

IMGP1641 (500x333)

IMGP1635 (500x333)

IMGP1633 (500x333)

「せっかくマダガスカルにまで来て飼われているキツネザル?」
と思われるかもですが、野生の子は触ったり餌付けしたりできないし、
もちろん日本の動物園でもこんなにキツネザルにまみれれる事も無いかと思うので、ここに訪れる価値は十分あるかと。

このあたりは雨も多いらしく、地面がぬかるんでいるので服がドロドロになります。
ウインドブレーカーをお忘れなく!

Filed under Notebook.

マダガスカル(ペリネ・ミチンジュ公園)

on 2016-06-16 with 0 comments

朝ごはんを食べたら、ミチンジュ公園ヘ。
公園と言うか森です。
ここには、最大のキツネザル「インドリ」が野生で生息しています。

インドリは鳴き声が特徴的で「歌を歌うような」とか形容されたりしてますが、
いや、とにかく声がでかい!
クラクション位の音量で3kmくらい先は余裕で聞こえるらしいです。

モフモフ感が可愛いIMGP1546 (500x333)

けど、脚が長すぎて何か笑える…IMGP1547 (500x333)

IMGP1555 (500x333)

IMGP1539 (500x333)

IMGP1535 (500x333)

森林伐採などでインドリの住める森が無くなってきて、個体数が減っているらしいです。
ここだけに限った話ではないのでしょうが、難しい問題ですね。。。

Filed under Uncategorized.

by Categories

by Date

  1. 2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  2. 2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  3. 2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  4. 2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  5. 2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  6. 2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  7. 2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  8. 2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  9. 2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  10. 2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
  11. 2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

Salon Menu

Cut ¥5,000+税 
Color ¥5,000+税〜
Botanical color ¥5,000+税〜
Perm ¥11,000+税〜
Straight perm ¥12,000+税〜
Iron straight perm ¥15,000+税〜
Treatment ¥2,000+税〜

Lead more →

About

Map

mule mule hair
〒550-0004
大阪市西区靱本町 1-15-14 西井ビル 7F

Tel & Fax
06-6479-1134
E-mail
info@mulemule.jp
火〜金
10:00 – 20:00
土日祝
09:00 – 19:00
定休日
月・第3火曜日

Lead more →